GWに、家族で旅行に行く腹積もりがあるご家庭も多いでしょう。
キッズが味わえるような設備だと、おとなは楽しむことができないなんて思ってはいませんか?そこで今回は、子どもから大人まで楽しめる、関西の設備においてご紹介していきたいと思います。

大阪府堺市南区茶山台1丁9番1号における「大き目子供館 ビッグバン」は、全てのキッズに容易い設備を意図に設計された大きな設備だ。
マンガ『銀河JR999』の著者です松本皆無士くんが栄光館長を務められていて、院内はとても銀河JR999の条件に迷い込んでしまったかのような余分になっています。
こういう子供館の館内は「べアル」という「メロウ」という二人を主役に、壮大な宇宙の旅物語が展開されていて、設備の様式も、銀色の楕円形で、UFOをイメージして作られているようです。
他にも細部までこだわって作ってあり、エレベーターは宇宙船ものの構成になっていて、自動営業機にはロボットの置物まで置いてあります。
また、宇宙飛行士の向井千秋くんが着た本物の宇宙洋服の出品もしてあります。
ひと度行ってみると、病みつきになる、不思議な余分だ。
また、各週ことなる儀式が開催されていて、何ごと行っても飽きることなく、楽しむことができます。
設備は合計館内におけるので、大雨の日光など、天候に左右されずに楽しむことができ、GWものの前々から腹積もりを立てておくお出かけにはぴったりです。
ますます、他の設備には乏しい一風変わったマッチができることも、こういう設備の魅力の仲間でしょう。

2床スペースファクトリーのハートイピア電子鳥獣園では、自分が書いた絵図を、何一つ生きているかのように、思いのままに切り回すことができます。
これはメロウのリペア工房で本当に書いた絵図をコンピュータでスキャンし、取り込んで大きなディスプレイに映し出していらっしゃる。
この他にも、更にネーミングと年令が記入できるようになっていて、一旦登録しておけば次に来館したらその時の調査を探し出して、もう一度遊ぶことができるようになっています。

3床アストロキャンプのマチカネワニの冒険では、大きなワニの体の中に入って遊ぶことができます。
主題に使われているワニは、何時ぞや本当に大阪湾に生息していた「マチカネワニ」という動物だ。
体の中はトンネルなどの遊具になっていますが、壁紙の骨や内臓などがどうにもリアルに形作りこまれてある。
入ってみると、ワニの心悸が聞こえてきて、実にワニに飲み込まれてしまったような不思議な気持ちになります。
4床おもちゃスペースシップの昭和30クラスの街角では、昭和30クラスの大阪の街を実機大のジオラマとして、住居や商家を実装しています。
当時の電気屋くんに展示しているTVなどは、キッズが見ると此度との不等にびっくりする行いダヨ。
けん玉やコマ回しなど、その当時の文化やマッチにさわることができ、キッズや両親だけでなく、祖父、おばあちゃんも見て楽しめます。
ジオラマには駄菓子屋くんもあり、そこに展示している間食は1床で購入できるようになっています。プライムルージュが最安値