私達キャラクターは、個人と個人に支えられ助けられて生きているのがキャラクターだ。
その助け合いのなかで、時には騒動もするでしょう。
個人は、身内や睦まじいチームメイトがいるからこそ四六時中を面白く通じることができていらっしゃる。
それが個人という人の働き側だ。
但し、これがたまに気掛かりをおこしてしまうこともあります。
個人はつながっている時は上手くいくのですが、とにかく壊れてしまうつながりになると、修復するのに日数がかかったり、直しが不可能になることがあります。
それ程キャラクターは弱々しい鳥獣なのです。
個人はモチベーションにも軽く、たとえば事故など自分が良いのに、悲劇に巻き込まれた時などに、モチベーションをガラス張りにされるほうがいらっしゃる。
逆に巻き込んでしまった人殺しが感情を抑えきれずに捻くれることをしてしまったりと感情に流されてしまうことがあります。
逆切れがその一つです。
モチベーションを持つことができるのも人の取り柄であり、こういうモチベーションを良い方に向ける場合もありますが、間違った経路にモチベーションを流されてしまうことは、人のくらいさだ。
ですから個人は個人に支えられて生きているのが明らかなのです。
とりわけ邦人は、人の良さが際立つ個人がたくさん感じられます。
そんな人が多いのは、どうしてもネットワークを大切にされている人が多いことが取り柄でしょう。
我が国は、丁寧ナショナリズムですから、人としてどうしてあるべきか良く考えている部族といえます。
事故などの場合は、断然モチベーションをガラス張りになるほうがいらっしゃいますから、自力を押えることは必要になります。

悲劇にはいくつかのジャンルがありますが、最良手広く起きているのが、車の悲劇だ。
愛車の悲劇は四六時中起きていて、日本全国での悲劇ともなると、数分間に悲劇が発生しているほどの数字が起こっていらっしゃる。
これは異常な結果、注意して走行をされているのでしょうが、これほどまでに多く発生してある悲劇ですから、何かしらの上達が必要なのではないでしょうか。
愛車の悲劇では、一番品欠損悲劇がおきます。
愛車の悲劇では、愛車の衝突が起きる結果悲劇となりますが、それが愛車って愛車だけとも限りません、愛車という自転車や愛車という個人、もしかすると愛車と汽車などの悲劇が起きる危険だってあります。
そういう悲劇にならないように注意しなくてはいけないのですが、あまりに起きてしまうのが現状です。
注意しているのは諸君おんなじでしょうが、ふとした一瞬に起きてしまいます。
疲労や眠気もその一つで、これが一瞬の認識を狂わせる原因となります。
品欠損悲劇は、品が壊れてしまう悲劇ですから、球場は悲惨なものです。
完全に壊れてしまった愛車を見ると、それを見て自分も注意しなくてはいけないといった気持ちになりますが、それがいつ自分の降りかかって現れるかもわかりません。
品欠損悲劇になるとお客様の復元総計を自分の保険から支払うことになりますから、これも二重にびっくりとなります。
マイカーの復元費は、ご自分である保険によりますから、保険の上達もたまには確認しておくとよいでしょう。
品欠損悲劇は悲惨なものです。http://www.groningendrenthecombinatie.nl/